書道は左利きでも習えるの?

左利きの子の書道についてを現役書道講師の島田育僊がお答えします。結論から言うと、左利きでも全く問題なく書道ができます。左利きの子も右手で筆を持って練習します。
MENU

書道は左利きでもできます!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

保護者様からのご質問でよくあるのが「子供が左利きなのですが、書道は習えますか?」というご質問です。

 

ズバリ結論から申しますと、まったくご心配なく書道を学んでいただけます(^_^)

 

私には2人娘がいますが次女が左利きなので、まさに私自身が左利きの子の親でもあります。

 

次女は鉛筆はもちろんのこと、はさみ、お箸、包丁、お裁縫、ボール投げ。すべて左手で生活しています。

 

右手を使用することは皆無と言っても過言ではありません。

 

昔は左利きの子は右利きに矯正することが多かったようですが、最近だとそのような風潮はほぼなくなっているように感じます。

 

しかし、どうしても左手ではできない問題にぶちあたります。

 

それが「書道」ですm(_ _)m

 

書道の筆使いと言うのは右手で書くように構成されているので、特に「ハライ」は、どうしても左手だと困難な部分が出てきてしまいます。

 

なので、書道だけは右手で筆を持って書くことを指導させて頂きます。

 

そこで疑問に思うのは、「利き手じゃない手で書いて、果たして上達するのか?右利きの子よりハンデがあるのでは?」ということだと思います。

 

これは私も親として、次女に対して心配したことでした。

 

結論から申しますと、右利きの子とまったく変わらずに上達しますし、ハンデも驚くほど感じません。むしろ利き手じゃない手で書いたことすら、講師の目線から見てもわからないくらいに上達します。

 

これは次女だけでなく、私が指導してきた左利きの子のほぼ100%が右利きの子と同じように上達しています。

 

ちなみに写真の書道の作品は、左利きの次女がコンクールで賞を頂いた作品です。

 

利き手ではない、右手で書いたように見えますか?(^_^)

 

右利きでも左利きでも書道は上達しますし、楽しんで頂けます。

 

左利きでも心配せずに、是非書道にチャレンジしてみて下さいね。

 

【子供のお稽古・月謝】はこちら

【大人のお稽古・月謝】はこちら

【出張お稽古・家庭教師・外部講師】はこちら

【ご入会の流れ】はこちら

【講師紹介】はこちら

【書道教室案内とアクセス】はこちら

【生徒さんの口コミ】はこちら

【生徒さんの書道作品】はこちら

【よくあるご質問】はこちら

【書道教室の選び方】はこちら

【お問合せ】はこちら

このページの先頭へ