左利きの子の書道

島田育僊書道教室の左利きの子の書道について書いたページです。書道をしていると、よく「左利きの子なのですが、書道は習えますか?」という保護者様からのご質問です。結論から申しますと、まったくご心配なく書道を学んでいただけます!
MENU

書道は左利きでもできます!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

書道をしていると、よく「左利きの子なのですが、書道は習えますか?」という保護者様からのご質問です。

 

結論から申しますと、まったくご心配なく書道を学んでいただけます!

 

私には2人娘がいますが、実は次女が左利きなんですm(_ _)m

 

鉛筆はもちろん、はさみ、お箸、包丁、お裁縫、ボール投げ。すべて左手で生活しています!

 

昔は右手に直すことが多かったようですが、私は彼女の使いやすいように好きな方を選択させていった結果が上記に至ります。

 

好きなように選択させていった左利き事情ですが、どうしても左手ではできない問題にぶちあたります!!

 

それが「書道」です!!

 

筆使いと言うのは、右手で書くように構成されているんですよね。
特に「ハライ」はどうしても左手だと困難な部分が出てきてしまうんです。

 

なので、書道だけは「右手じゃないと書けないよ」と言う説明を次女にもしました。

 

次に保護者様が疑問に思うのは、「利き手じゃない手で書いて、果たして上達するのか?右利きの子よりハンデがあるのでは?」ということだと思います。

 

これは私もすごく次女に対して心配したことでした。

 

結論から申しますと、右利きの子とまったく変わらずに上達しますし、ハンデも全く感じません!むしろ利き手じゃない手で書いたことすら忘れるほどです!

 

これは次女だけでなく、私が数人見てきた左利きの子のほぼ100%がそうです。

 

今まで学校の書写の授業で左手で書いていたようで、私が右手で持つことを指導すると「書きやすい!!」と、目を輝かせて嬉しそうに言った子もいます!

 

それくらい、左手で筆を使うことは物理的に無理に等しいのかな・・・と思った瞬間でもありました。

 

 

書道は左利きの子も充分に楽しめますし上達も可能です^^

 

書道講師としてももちろんですが、実際に左利きの子を持った親の立場としても自信を持って言えます^^

 

利き手関係なく、どんな子にも書道を楽しんで頂きたいというのが私の願いです。

 

 

島田育僊

このページの先頭へ